スタッフコラム

【ナイキアカデミーの活動/スタッフもうひとつの顔B】

2017年03月20日23:51 に投稿された【サッカーライフ | Comment(0)



EB064D0A-5E8A-4818-9C93-0B6E80FC165C.png17A431D6-2D19-409F-900C-626C4BFE860F.jpgCD7D1687-D0A1-4AE6-917D-29EC6C6FF530.jpgD25D5007-77A8-46F1-8C54-CA62C8A9C169.jpgC690B454-ABF4-472E-AF64-09511CF3C384.jpgこのプロジェクトを通じて日本を代表する方々と交流できたことは貴重な経験でした。
久保竜彦さん。
自主トレをしたくなるような凄い選手が沢山いたから、「あんなシュート打ちたい」と自分で練習してた、と。
ああなりたい、あんなプレーしたい、そうやって憧れて自分でやってみること。
こんな単純なこともやらない選手って…
深い話になっちゃうけど、スポーツを教えてもらうのが当たり前の文化は恐ろしいと思っています。
それにしても久保さんの観察力には驚かされました。
細部にわたって情報交換ができたこと、本当に貴重でした。

風間さん。
サッカー、特に攻撃をする上でベースとなる相手との駆け引き。
雑談の中にも日本の未来を見据えたキーワードが沢山。
置かれた状況を楽しみ、多くのサッカーファンの気持ちも考えていつも試行錯誤されている、プロ中のプロ。そしてサッカー小僧ですね。

柿谷くん。
コミュニケーションスキルの高さ。
打ち合わせの時の理解力や雑談のクオリティーが高いですね。
数回のデモンストレーションですぐにわかるキレ味とテクニックレベルの高さ。
身体つきからして一流。
選手達へのメッセージも好きだな。もっと自分はこう受けたいとか、イメージを共有すべきだ、と。その通り。
フィニッシャーたるものゴールを決めるという責任感があるものだからこそ、練習からしっかり自分の要求を出し手に伝えていくこと。
ボールを引き出す引力の必要性をこうしてトップアスリートからもアドバイスしてもらうと、本当にありがたい。

大久保嘉人くん
激闘の多摩川クラシコの翌日にも関わらず、沢山の話をしてくれました。
正直、急遽合宿から抜けなくてはならない事態となって困惑していましたが、個人的に日本のストライカーと言えば間違えなくこの人であり、彼の感覚こそ吸収すべき。
ゴール前での継続性のある関わり、そして自信。
ゴールのニオイがする場所については特に話をしたかったけど、1コ、プレー中にこれだ!というシーンで思わず「あれ、嘉人くんなら絶対あそこにいるよね!」の一言に「絶対いる!間違いない」と。
夢中でアドバイスしてくれて、やはり日本の将来気になるんだよね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。